FC2ブログ

天風と王陽明(2) 2015.2.24



天風と王陽明(2)

天風の講話のなかの引用部分が、かならずしも正確ではない、とまえに申しましたが・・・
それが、天風の講話の趣旨をゆがめることはありませんでした。
講話のキーポイントは、つねにはずさなかった、と思います。
読書をしても、めったにメモをとらない天風の記憶力は、おどろくべきものです。

王陽明の思想は、天風の生きた明治・昭和の時代には、常識的なものでした。
したがって、天風哲学の根底には、王陽明がながれています。
それは、なかば無意識的なものだったでしょう。

王陽明は、倒幕の思想に活力をあたえた。
王陽明は、幕末の志士にとって、いわばインスピレーションだった。
王陽明は、士大夫、町民、庶民、を差別しませんでした。
それは身分制度を否定する、当時としては、革命的な考えです。
ですから、その一種の革新的な平等主義は、徳川の幕藩体制をゆるがしたのです。

明治維新の精神のなかに、王陽明がいた!といえるのではないでしょうか。
そして、明治の時代を築いた人々は、陽明の考えをひきついだ、と思います。
初代の首相、伊藤博文は、師吉田松陰のことをのちに熱情をこめて人々に語りました。高杉晋作の思い出話もよくしたようです。
吉田松陰も高杉晋作も王陽明にまなんだひとたちです。
この二人は、若くして愛国の精神に殉じたのですから、その精神は、死後たかく顕彰され、評価されたのです。日本人はいつも、なにかに殉じて命をすてた人を尊ぶ伝統をもっています。

吉田松陰も高杉晋作も、王陽明の「知行合一」の教えをまっすぐに実行しました。そして、激しい行動へ邁進し、死んだのです
西郷隆盛もそうです。彼らの熱烈な精神は死ぬことによって、明治・大正をつうじて、生き続けたのです。
さらには、昭和に入って、たとえば2・26事件の若い将校たちは、
昭和の吉田松陰たらんとして、死をも恐れなかった。そして死んでいった

天風にも陽明の思想は生きていた。
天風にとって、陽明の「知行合一」の考えは、強いものでした。
それは実践、行動の精神です。

もともと天風は、血の気のおおい行動家でした。
ですから、天風は哲学者を任じていましたが、書斎にとじこもって思索するというより、実践家practitionerという面がつよかった。
しかし、物を考えねばならぬ時はまた、徹底した追究者でもありました。

天風は坐禅を真剣におこない、誦句をとなえ、官能の啓発に精進したひとです。
天風のすみきった心と、強い信念と、強烈な集中力が、心身統一法という実践哲学のみごとな体系を創造した、と私は思います。






少し大きい文字
スポンサーサイト



天風と王陽明 2014.2.20


天風と王陽明  2014.2.20 ブログ

天風は多くの思想・哲学・宗教を勉強しました。
たいへんな読書家で、自宅には書庫があり、膨大な書籍を蒐集していました。しかし、読書のしかたはふつうではなく、自分に関心のある部分をさっと読んで、あとはその本は書庫へいれてしまうので(しかも、メモもあまり取りませんので)、天風の講話にでてくる引用は、かならずしも正確ではありませんでした。しかし、天風はそのようなことは、あまり意に介しませんでした。

それらの天風が読んだ思想家のなかで、とくに中国の哲学者、王陽明は天風に大きな影響をあたえています。
王陽明と天風哲学との共通点はたくさんあります。
なぜでしょう?
天風は頭山満の薫陶を受けて育ちましたが、頭山は王陽明の思想の流れをくんだ人だからです。
頭山は西郷隆盛も思想や信条を受けついだ人ですが、西郷は陽明におおくを学んでいます。
王陽明に学んだ幕末の志士は、西郷隆盛だけではなく、ほとんどの志士は(とくに尊王攘夷を旗印に活動した志士は)、王陽明を勉強したようです。たとえば、
吉田松陰
高杉晋作
勝海舟

天風哲学と王陽明の共通点は、次のような内容です。
1. 儒教は仏教を攻撃したものですが、陽明は仏教にも関心があり、とくに禅をまなんだ。天風も禅を学んだ。
2. 仕事の上で自己を練磨せよ。これは出家の否定です。
3. 心には、善悪を判断する心(理性)と善悪をこえて行動する意志(霊性)の2つがある。
4. 身分の上下をあまり問題としない。天風は平等主義者だった。
5. 欲望の肯定。
6. 知行合一。知識と行動を一致させよ。









少し大きい文字

緑の天風誦句集・現代訳


正しき活き方の自覚

私はもう境遇や人を恐れない。
私は立派な自己の運命の主人である。
したがって、私の心は、
私の環境からの、なにものにも
脅(おびや)かせられない。

いな、私の心はつねに、私の人生のために
よりよい環境をつくることのみを、
正しく考える。

宇宙霊は、私の心に、
なにごとも積極的に考えられる、
頼もしい意志の力をあたえられている。
そして、意志の力は、
まるで金属をひきつける磁石のように
人が生きるのに必要なものを
自分にひきよせてくれるのである。

  (緑の天風誦句集、「正しき生き方の自覚」より)





少し大きい文字


10.正しき活き方の自覚

私はもう境遇や人を恐れない。
私は立派な自己の運命の主人である。
したがって、私の心は、
私の環境からの、なにものにも
脅(おびや)かせられない。

いな、私の心はつねに、私の人生のために
よりよい環境をつくることのみを、
正しく考える。

宇宙霊は、私の心に、
なにごとも積極的に考えられる、
頼もしい意志の力をあたえられている。
そして、意志の力は、
まるで金属をひきつける磁石のように
人が生きるのに必要なものを
自分にひきよせてくれるのである。

★ ★ ★

佐伯啓思の『西田幾太郎』を買って、すこしよみました。
著者は、経済学の偉い先生ですが、とてもわかりやすく書かれています。
西田幾多郎は、天風と似ています。欲望の肯定がそのひとつ。
どちらも、真、善、美をたいせつにします。
その定義はちがいますが、さししめす真理はおなじです。
愛をたいせつにする点もおなじ。

天風がネパールから帰国した当時、
西田幾多郎は、有名な『善の研究』を発表し、当時人気ナンバーワンの
哲学者でした。天風が西田を読んだことはまちがいありません。
ただ1点において、隔絶のちがいがあります。
それは、天風哲学はたくさんの実践的な方法をしめしていることです。
西には実践の方法はありません。あるとすれば坐禅くらいのものです。
西田は坐禅を真剣にくんだひとですから、天風哲学に似ているのです。
いうまでもなく、坐禅は、天風が学んだヨーガを淵源としているからです。

私は研究論文をかいていたころ、佐伯啓思さんの経済学の本を参考にしたものです。






少し大きい文字


2015.2.2

宇宙霊と同化する

宇宙霊は絶対的な実在である。
絶対的なものが、相対的なものを
かならず打ち負かす、というのが、
宇宙の絶対的な真理である。
私は、この真理を悟り、
この真理を信念する。

私はつねに、宇宙霊につながる
自己の霊を思い
自己の霊を考え、
ひたすらに霊を本位として
人生に生き、
絶対的な宇宙霊と同化する
尊さを心がける。

だから、私の心の中には、
邪悪や、弱さや、卑しさを
思考するような、
消極的なものは、なんとしても
燃え上がることをゆるさない。

そして、自分の心の中に、
積極的な思考だけを、
繚乱(りょうらん)と輝かそう、
暗夜を照らす炬火(かがりび)のように。

(緑の誦句集「自己本来内省の悟り」後半部)





少し大きい文字