FC2ブログ

柳川への旅


柳川に行きました  2017.10.31

10月20日から、九州は柳川の旧立花邸の「御花」というホテルに3泊してきました。
ここは天風ゆかりの地です。

柳川藩藩主の立花家の壮麗な大名屋敷がのこっています。
その一角に「御花」があります。
明治の末に建てられた白亜の西洋館も美しいが、大広間から見られる庭が広壮で、
使われている石が選びぬかれた殊に美しい。

天風の祖父は13代立花鑑寛(あきとも)です。
子供の頃天風が祖父に会ったのは、この柳川ではなく、東京上野の旧藩邸でした。
しかし、福岡の頭山満の家にいたころ、ここを訪ねたことでしょう。

天風はよく講演で
「私の祖父は立花鑑徳です」

と言っていますが、それはまちがいです。鑑徳は嫡流の従弟にあたります。
古い写真を見ると、天風ととても顔が似ています。

「御花」に滞在中、新しい塾生が家族連れで、私の部屋を来訪くださいました。
夫婦と小学生の子供二人で、私たちは一緒にホテルの部屋で、瞑想したり、
体操したりしました。とても愉快な経験でした。




少し大きい文字
スポンサーサイト



60年前の記憶


60年前の記憶 2017.10.4

久しぶりに、このブログを書きます。
9月は1回しか書けませんでした。
近く出版する本の書き直しと、東京、大阪からくる塾生の応対で、ちょっと忙しすぎました。

ところで、このごろ60年前の思い出が、
強烈に記憶のなかから浮かび上がってきます。
それは、天風先生からプラーナーヤーマ密法
(=ヨーガ式の腹式深呼吸)を習った時の印象です。
白光を帯びた光景が心に焼き付いている。
そのとき、天風先生は、
「この今の瞬間を一生忘れるな。
心に強く刻みつけるんだよ」
と言われました。私は<不思議なことをおっしゃるなぁ>
と思いましたが・・・
それから何十年も私はすっかり忘れていたのに、この頃毎朝のように思い出すのです。

それは60年前。私は18歳。
1958年(昭和33年)。
場所は、大阪市の大宝小学校の校庭でした。
私は天風先生が直接指導される
夏の修練会に参加していたのです。

 7月24日の朝9時。
真夏の太陽が容赦なく照りつけて、めまいを覚えるほどでした。
校庭は真っ白に照り映えていた。
しかし、私は爽快な風が吹き抜けるのを感じていた。
自分の人生の未来に明るい希望をもった。
瞑目している自分の前方に、無限に広がる大宇宙があり、
そこに遍満存在する活力が雲のように広がっている。
それをイメージングしながら、
静かな呼吸で口からその活力を吸い込む。
クンバハカ密法をすると、気力が全身に充満する。
つぎに、自分のなかにあるすべての汚い気を吐き出す。
吐き出した瞬間、強くクンバハカ。

このプラーヤーマーナが、
実は平安時代、弘法大師空海が行っていた
真言密教の呼吸瞑想とよく似ていることを、
私は最近知りました。
空海は大日如来をイメージして、
そこから流れてくる霊力を吸い込んだそうです。
大日如来は、密教の神であり、
天風哲学でいう宇宙霊です。
空海のやっていたことは、きわめて原始的なものです。
天風は、ヨーガから学んだとはいえ、
現代の科学も瞠目する<呼吸の方法>を教えているのです。





少し大きい文字