FC2ブログ

筆で誦句を書く

墨書  2018. 924

 

最近、天風誦句を墨書しています。まえにふれましたが。

半紙にちょうど収まるように、行数を10行くらいになるように

誦句を短くしたり、省略することもあります。

 

書家・石川九楊は「現代の書は言葉を伝えるものにあらず、筆触の美を表現し、黒白のつくりだす妙味を創造するものだ」という意味のことを主張しています。そして現代の書道はほぼすべてこの方向をめざし、言葉の表現伝達を拒否しております。

私は書の達人としての九楊をたいへん尊敬していますが、この考え方を採用しません。

書はあくまで言葉を人に伝えるものだと考えております。

したがって、現代の日本語の文章を筆で描くのです。

読めもしない漢字の羅列や、昔の読みずらい仮名は一切つかいません。

時に大いに続け字、くずし字も使いますが、どこまでも現代の人が読めるような字を書きます。

天風誦句の手本がありませんから、自分で勝手に工夫しています。

我流と言われても甘んじてうけます。

天風先生の誦句を墨書したものがありますが、私はまねしたくないのです。私は日本の文人の書の流れをくむのが好きだからです。

会津八一や顔真卿を私はかって手本として勉強しましたが、あまりとらわれないようにしています。

下の写真は私が書いたものを厚美濃の和紙に裏打ちして、手すきの厚紙にはりつけた、いちおう作品めかしたものです。

スポンサーサイト



自律の訓練

天風メソッド 15

 

自律訓練法について

 

自律訓練法というのは、“暗示の誦句をとなえること”を深層心理学でいう言葉です。

 

さて、「暗示の誦句」は英語ではaffirmationアファーメイションといいます。

天風先生はこのアファーメイションについて、ラマチャラカという人の著作で学び、それがネパールでのヨーガ体験と符合したのです。

その体験とは、ヨーガ村の山腹に粗末な石碑のようなものがたくさんあり、そこにヨギが刻んだ言葉があります。それをカリアッパ先生が英語になおしておしえてくれた。それらの言葉を暗示に使うと、心理学でいうアファーメイションと同じものになる、と天風は気がつきました。

 

ヨギ・ラマチャラカは

「ラジャ・ヨーガの教え」(1905年)という本を書いています。

天風先生は

「この本を読んで、自分がネパールの山奥で修行したヨーガの哲学的な説明を得ることができた」

とのちに語っておられます。この本のなかには天風誦句の原型となるものがたくさんあります。

ラマチャラカの誦句の一例を示しますと、つぎのようなものです。

 

(無題)

私の本体は意志をもっている。

意志は、わが霊魂と直結した権能である。

私は修練によって意志を煥発しよう。

心はつねに意志に従う。

私は心と体を自由に使いこなす。

私の意志は力強く、エネルギーに満ちている。

私は自分の力を感じる。

私は強い。

私は、意識、力、エネルギー、の中心であり、

これが私の本来の面目だ。

 

このようなラナチャラカの誦句は素朴であり、同じような語句の連立ですが、天風の誦句はもっと理由づけや展開があり、力強く肯定的で、はるかに優れています。

天風の誦句は信念を煥発してくれます。

毎日天風の誦句をとなえていると、現代的な得体のしれぬ不安などがしだいに消えていきます。

天風の誦句によって私は救われた、と思います。