fc2ブログ

哀悼 原 節子



哀悼 原 節子 2015. 11. 28

昭和の大女優、原 節子さんの訃報をきいた。
原 節子は、私の学生時代に活躍し、私が社会人になったころ、引退された。(昭和38年)
引退されてから、53年間、一度も公の場所にお出でにならなかった。
引退されたのは42歳、享年95である。

私は、50歳のころ、ニュージーランドの大学に赴任した。
実は、それまで小津安二郎の映画(原節子も)を見たおぼえがない。
ニュージーランドの大学では、日本語・日本文化を教えた。
そのとき、多くの人から、映画監督、小津安二郎に対する憧憬の言葉をきいた。
小津安二郎の映画に、原節子はしばしば主演しているのである。

ニュージーランドのテレビで、小津安二郎の「東京物語」が放映されたことがある。
翌日、多くに人から、
「東京物語、すばらしい映画でしたね」
という言葉をきいた。

私の学生のひとりは、小津安二郎の世界に耽溺し、日本に留学して、小津安二郎を研究したいとまで、言い出した。
私は、東大の蓮実教授に、紹介の手紙をかくハメになってしまった。
蓮実さんは、小津安二郎の映画芸術を学問の対象に選び、大部の著作がある。
異色の東大教授である。
東大総長を2年やっておられる。

私は日本に帰ってから、「東京物語」のDVDをみた。
そして、はじめて感動した。それまで私は迂闊にも、この名作を見たことさえなかった。
「東京物語」は欧米の映画界では(とくに専門家)世界の映画史上の最高傑作ナンバーワン、なのである。
「東京物語」のいったいどこが、そんなに素晴らしいのだろうか?
・・・私には、ずっと疑問だった。
もちろん、原節子の演技がいい、というだけではないだろう。

私は「東京物語」を10回以上見て、こんな結論に達した。
「東京物語」の魅力とは

1. 日本人の心の美しさ、が描かれている。
2. その美しい心というのは、無私、人への思いやり、など。
3. 日本人のユーモアのセンス
4. 小津安二郎のカメラの確かさ…視点とかアングル
        要するに、小津安二郎の映像芸術としてのすばらしさ

小津安二郎の映画は、私の心の「ふるさと」である。
「晩春」「麦秋」「彼岸花」「お早う」などがとくにいい。
これらの映画に出てくるのが、原節子さんである。
原節子さんの、内面からあふれでる明るさ、美しさ・・・存在感の大きな女優さんだった。







少し大きい文字
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)