fc2ブログ

幸福への誦句  2016.3.29



幸福への誦句 2016 .3. 29

自分の身の上に起こった事柄はすべて、自分自身にその原因がある。
緑の誦句集のなかの「幸福への誦句」には、上のようなことが書かれています。
しかし、常にこのように考えることは、時にむつかしいかもしれない。
ことに、大きな不幸や病におそわれたとき、その原因が明らかに他者にあると気づくときは、むつかしい。

たとえば、熊本の水俣病とか、新潟のイタイイタイ病などの、環境汚染に起因する病気の場合など。
それが明らかに社会的要因である場合は、もちろんその要因の除去にむかって社会的行動しなければならない。

しかし、多くの病は、自分の弱い心に起因している場合がおおい。
それは大いに反省するとともに、心を強くポジティブにするべく、自己変革せねばならない。
この心をポジティブにする方法につては、なんども話をしてきました。瞑想とか自己暗示とか体操のことですね。

ほんとうに幸福になりたければ、大事なことは、理想をもつことです。(誦句に書いてある)
私はこの理想をもつということについて、学生時代少々悩みました。
それは、天風先生の講話「理想の魔訶力」(『盛大な人生』所載)をきいて、その話の筋道はわかるのですが、具体的な方法が、わからなかったからです。

天風先生は、
「理想には、魔訶力、つまり魔法のようなすごい力、があるんだよ。
理想をもって生きている人を見てごらん。
とても力強い生き方をしていますね。
一方、理想をもっていない人の生き方は、力弱く、貧弱です。
理想をもつだけで、立派な宗教的な生き方ができるんです」
と言われた。
私はなるほどと思いましたが、その具体的方法は? と長い間長い間迷っていました。
天風先生は
「理想を自分の中に確立する方法のヒントとして、
① ひとたびかかげた理想は変えない。
② 理想はたえず自分の心の中に映像化して、たえず燃やしつづけること」
と言われた。

私はそこで、自分の理想をきめ、紙に麗々しく書いて、部屋の壁にはりつけて、毎日それをにらんでいた。
ところが、気が変わって、それを他の理想にとりかえたるようになりました。
これは①の教えにそっていない。

つぎに、②の「映像化」というのが、私にはなかなか納得できませんでした。
理想というものは、ふつう抽象的なものです。
それをありありとイメージできるように、想念をこらすことは、私には不可能だった。

60歳をすぎたころ、とつぜんこの2つの問題が、一種の霊感のように、解決できたのです。
理想を映像化することも、変えないということも、わけなくできる方法のあることに、気づいたのです。
どんな方法か、すでにお分かりの方も、いらっしゃるでしょう?
これは、次回に書きます。




少し大きい文字
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)