fc2ブログ

町へ行きなさい



町へ行きなさい     2016・10・17

「この美しい野にとどまりたい」
と、私が言ったのに、あの人は、
「町へ行きなさい」
と言います。
「町には花がありません」
と、私が言うと、あの人は、
「花はないが、努力の生む幸福という栄光がある」
と言います。
「しかし、町の空は暗く、喧騒と耳障りな音があります」
と、私が言うと、あの人は、
悲しげに涙をながして、言いました。
「町には騒音だけでない。もっとある。
償わねばならない罪がある」
私は、
「町の空気は汚く重苦しく、太陽の光が、
煙霧にさえぎられて、見えません」
と言いました。すると、あの人は、
「それどころか、人々の魂は病んでいる。
太陽の光どころか、人々の魂に光が失われている。
それは、魂が未完成なためだ」
「私は光がほしいのです。それに、友達が、おまえが
いないと淋しい、と言います」
すると、あの人は、
「では、おまえの友達と私の、どちらを選ぶのか、
今夜考えてみよ」
と、言われました。
「それを考えるには、もっと長い時間がいります」
と、私が抗弁すると、あの人は言いました。
「それを決めるのが、そんなに難しいものか。
天理からみるとき、すこしも難しくない。
おまえの魂の指導者が指し示す道を、ただ
ひたすら行きさえすれば」

これはウパニシャッドの一節です。不思議なことに、
この二人の会話は、天風と、その師カリアッパの
別れのときを想起させます。
もっとも天風は、そのとき
日本への望郷の念を強くもっていたという
事実もありますが、
二人の内面には、
上記のウパニシャッドの会話にあるような
思いが、きっとあったことでしょう。

ウパニシャッドというのは、古代インドの哲学
だと、まえにふれましたが、ヨーガとは間接的な
つながりがあるようです。

ウパニシャッド的世界がヨーガを生み出した
という学者と、ヨーガの修行の中からウパニシャッド
が生まれた、という研究者がおりますが・・・
そんなに深く両者は結びついていないようです。
なぜなら、ウパニシャッドの中に、
ヨーガに言及した箇所が少しあるだけだからです。

ウパニシャッドには、古代のものから近代にいたるものまでさまざまあります。
○○ウパニシャッドというふうに複数の種類があり
それぞれ匿名の作者が存在したようです。
だから、ウパニシャッドは、
インド的な哲学の知恵の記録、
というべきでしょうか。

日本には、古来から、和歌や物語、日記などの
文学的な記録の伝統があるのに似ています。
インドでは文学ではなく、哲学なのです。
日本人はたいへん文学性の豊かな国民性をもっていますが、
残念ながら、哲学は得手でなかったようです。
わずかに、日本の哲学には、西田幾太郎と中村天風のふたりがいる、
といえば、言い過ぎでしょうか。




少し大きい文字
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)