fc2ブログ

力の使い方


力の使いかた  2016.11.25

中国の古い諺に
「琴をかなでるに、琴をして琴に演奏させるものこそ、
名人なり」というのがあります。
この気持ちというのは、琴の音調をかんぜんに自分のものにして、
自然に、なにも考えないで自然に演奏できる、理想の状態ではないでしょうか。

自分の得意なものは、そういうふうに円転滑脱に、力まないでもうまくいくものです。

要するに、肩に力が入って、力んで事にあたるという、不自然な状態がいちばん人を疲れさせ、
しかも物事がうまくいかないものです。

武道では
「変機に処するとき以外は、力を入れるな」
といいます。
たしかに剣道のうまい人の立ち合いを見ていると、肩に力が入らず、ゆったりと落ち着いていて、変機に応じて、とつぜん機敏に体が動きます。
人生すべての局面で、そうありたいものです。

天風は、
「力を使うとき、力まないで、力を自然に働くようにしなさい」
と言われました。

このように自分がなれるには、心身統一法しかありません。
つまり、心と肉体の両方を均等に、それぞれの自然法則にしたがって、生かしていくということです。すると、力まないで、自然に力が働くようになるのです。
これは、肉体に偏った考え方をしがちな、現代人がぜひ学ぶべき修養法なのです。

医学の進歩に感心するあまり、現代人は人間を考えるとき、あまりにも肉体本位で、肉体を物理的、化学的に考えがちです。
その結果、テレビなどで、食事や栄養の話にふりまわされる人が多い。これは嘆かわしいことです。なぜなら、それらの情報にあまりに固執して、食事や栄養を考えすぎると、それは迷信のようになってしまうからです。

とくに医学の知識もないのに、その種の宣伝をきいたり、もっともらしい説明をきくと、やたらと共鳴して、その結果いつしか、自分の精神生活に対する注意が、おろそかになってしまうのです。





少し大きい文字
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)