fc2ブログ

人生は主観的に決定する


人生は主観的なもの  2016.12.21

人生とは、“自分が生きている”という実感の一瞬一瞬です。
だから、人生はどこまでも主観的なものです。
いいかえると、哲学的な内観によって、
内側から自分の人生を考える以外にないのです。
科学的な客観的な尺度で、人生の幸福は測れないからです。

 だからといって、現代に生きる私たちの仕事は、多くの場合、
理性の力で科学的に客観的に考えて、進めるべきものです。
ただ、自分の仕事の意義とか目的とかを考えるときは、
哲学的にならざるをえない。
つまり、この二つの分別が大切です。
多くの人は、科学的な客観的な態度を選ぶか、哲学的な主観的な態度を選ぶか、
二者択一してすべてを考えようとして、混乱してしまう。

自分の人生は、哲学的な主観断定できめねばなりません。
どんな運命に遭遇しても、どんな病気になろうとも、虚心平気で対応してゆけば、
その人の人生は無事平穏な、幸せなものになります。

かりに他人が「私」を見て、不幸な人だと思っても、
私が自分を「幸せだ!」と主観的に断定すれば、
私は絶対に幸せなんです。

しかし、そうは言うものの、問題は実はここにあります。
大悟徹底した人ならともかく、私たちは凡人です。
だから、私たちの人生の大部分が、感覚や感情の世界で動いています。
その世界を超越して生きるということは、めったにできません。
だから、なんのトラブルもなく健康なときは、いかにも元気そうにみえるが、
ちょっとした病気にかかったり、運命的に困った事件が起こると、
たちまち意気消沈してしまうのです。

だから、病や不運に負けない、強い心をつくる必要があるのです。
そして、そのような頼もしい強い心を作るには、瞑想、
そして積極的な自己暗示をする以外に、
方法はないのです。




少し大きい文字
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)