fc2ブログ

旅から帰りました


西表島から帰りました 2017.2.17

昨夜、西表(いりおもて)島への旅からもどりました。
西表島は、沖縄では、本島のつぎに面積の大きな島ですが、
80%は原始のジャングルにおおわれていて、
マングローブの森に舟で入っていって魚を釣ったりできるところです。
人の住んでいるところはわずかで、
“手つかずの大自然”を見ることができます。

 日本の最西端が西表島で、すぐ向かいが台湾です。
そんな島で「ニラカナイ」という世界的な水準のホテルに、
わりと安い値段で泊まれたことは幸運でした。
ニラカナイの庭のうしろに「月が浜」があります。
いままで見たどんな砂浜よりも、美しく思われました。
タイのプーケットよりも、ハワイよりも、さらに石垣島の砂浜より、
汚れがなく、天然の美というべきものでした。

西表島では「星砂の浜」が有名な観光名所ですが、
この砂浜は向かいの小島や岩塊が、趣があっていいのですが、
砂浜はあまりきれいとはいえません。
韓国や中国の舟から漂着した廃棄物が累々とあるからです。

ホテル・ニラカナイに泊まっていたとき、歯が痛くなってフロントにいくと、
ちゃんと痛み止めのクスリが用意してあって、それをいただきました。
そのお礼にと、妻が私の本をフロントの人にあげました。
私はそんなことをしなくても、と思ったのですが、ホテルの人はたいへん喜んで、
ロビーの一角にある本棚に私の本を飾ってくれました。
この私の本というのは、2月に小学館文庫に再発行された
『やさしい瞑想法』です。
文庫本ですから、安いです。680円。

 帰りの日のこと、ホテルの玄関で送迎バスをまっていると、
ひとりの青年があらわれて、
「私は先生の『やさしい瞑想法』を読みました」
と言いました。
その青年としばらく瞑想やヨーガの話をしましたが、
若いのに驚くほど博識な方でした。
しかし、私がその本の著者だと、なぜわかったのでしょう。
不思議なことがあるものです。

そのついでに、もう一つ宣伝させてください。
来たる3月には、拙著『折れない心をつくる自己暗示力』
という本が水王舎から出ます。
これは以前にプレジデント社から出した
『すべてはよくなる』を改題した復刊本です。
この本もよろしくお願いいたします。





少し大きい文字
スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)