fc2ブログ

科学と哲学


科学と哲学 (1) 2017. 6. 26

現代の多くの人は、なにか自分の常識では肯定できない事実を聞くと、
「もっと科学的に説明してもらわないと・・・」
といいます。
しかし、はたして科学的な説明をすれば、その人はその事実を理解し納得するでしょうか。
これはおおいに疑問です。

科学的という言葉と、哲学的という言葉は、相対的な関係にあります。
軽率な人は、科学的という言葉で、一切の真理が証明される、とか、
科学は絶対的なものだ、と思っているようです。
なぜこのような“科学に対する信仰”が現代社会にあるのかといえば、
今まで驚異的で有益な科学の貢献が大量にあったからでしょう。

ところが、絶対的に正しいと信じられている科学は、人生の根本的な問題をつきつめて考えるとき、
きわめて確実性の低いものになります。
たとえば、すべての価値的な命題をふくむ問題について、科学はまったく無力です。

科学は、「世界や現象の一部を対象とするだけであり、経験的に論証のできないものは認識できない」
と『広辞苑』は定義しております。
また、有名な理学者の中谷宇吉郎博士は
「あらゆる問題が近未来、科学によって解決されるという錯覚をもつ人が多い」
と言っておられます。
科学的な真理を尊重した天風も、同じようなことをよく申されました。

だからといって、もちろん科学を排斥すべきではありません。
ただ、科学の限界を正当に知らないと、科学的な迷信におちいる、ということです。

また、したがって“人生は哲学的に考えるべし”と言えば、
それもまた、たいへん軽率です。

哲学を専門とする人は、しばしば科学の限界をならべたてて、科学を攻撃するし、
科学的立場で研究している人は、
“哲学は、やたらと難解な抽象的言語をならべたてる、言葉の遊戯にすぎない“
と批判します。
この偏狭な科学者や哲学者の縄張り意識に、私たちが人生問題を考えるとき、
しばしば混迷させられるのです。(つづく)





少し大きい文字
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)