fc2ブログ

信州の山小屋から


信州の山小屋から 2017. 8.1

信州での生活は、涼しくて快適なことばかりではありません。
いろいろそれに反することがあります。
虫が多い、とか、
山道のドライブが危険、とか、
食べ物が京都とちがって、たいていは固くて食べにくい、とか、
いろいろです。

虫が多いということでいえば、
リビングの“はきだし窓”などは、夜になると、いちめん蛾の世界です。
蛾はしばしば部屋の中に侵入してきて、眠りをさまたげます。
あるいは、テーブルにおいてある茶碗に浮かんでいます。

蜂もおおい。
スズメバチなんかは、毎年ゲーブルの下に巣をつくります。
10年ほど前のことですが、その巣をかき落そうとして、蜂にさされてしまいました。
スズメバチの攻撃は、まるで釘で頭をガンと突かれたような痛みでした。
それから、ふつうの日本のミツバチなどは、すこしも怖くなくなり、
車にはいってくると、手でつかまえて、窓からそとへ逃がしてやります。
チクリとさしますが、平気です。





少し大きい文字
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)