fc2ブログ

心身の完成 (前半)

天風メソッド 10

 

『天風誦句集(2)』より

 

心身の完成(前半)

 

それ、人の本体は肉身にあらず、

また心にもあらず、絶対にして不変、

また不朽不滅なる霊魂なり。

しかるに、人の多くはこの荘厳なる消息を悟るあたわず、

いたずらに肉身または心を人の本体なりと思い惑う。

そもや仮相(1)実相(2)の姿にあらず、

またその本質の現れにもあらず。

身といい心と称するものは、

真我の命が現象の世界に生きゆくための

一切の方便(3)を行わんがための、命への要具なれば、

ただこれを巧みに調整行使して、

ひたすらその性能の完全なる

発現を促進すべし。

 

【注解】

  1. 仮相=仮のすがた
  2. 実相=真実のすがた
  3. 方便=便宜上の手段

 

【解説】

「仮相は実相の姿にあらず」という意味は

「肉体は霊魂の姿ではない」ということ。

肉体は霊魂がこの仮の現象世界に生きていくための

道具なのです。

霊魂というものは、姿も形もなく、見えない、感じられないもの

です。“感じられない“というのは、五感では感じられない

ということです。瞑想によって霊的な境地に入って

はじめて感じられるのです。

 

つまり、霊魂は、自己の主観的な断定によってしか

「在る」と言えないものです。

 

霊魂などあるもんか、という人が時々います。

そういう人を説得するのは難しい。

理屈ではなく、感じられるかどうか、という問題だからです。

 

しかし、自分が今日に至った過程を考えると

霊魂の存在を感じられてきます。

赤ん坊であった自己も、現在大人である自分も、

自分であることに変わりはないのです。

赤ん坊のときの心も肉体も、現在の自分の心や肉体

と比べると、全く別ものです。しかし、そこには

一貫した“変わらぬ自己”が厳存しています。

それが真の自己であり、すなわち霊魂とよばれている

ものです

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)