fc2ブログ

解決できないものはない



3月11日

多くの方に、天風塾へきていただきました。
私は、いろいろな人生問題と出会いました。
75年間の私の人生で、たいていの人生問題は聞いたことがあると
思いこんでいました。
しかし、想定外の人生問題がたくさんあることを知りました。
恋愛の問題、男女の問題・・・
自分の感情を抑制できない悩み
そこから来る不安とか恐怖・・・
仕事からくるストレスからの転換・・・
etc. etc.

 天風の教えの中に、かならずストレスから転換する考え方がありました。
また、転換するための具体的な方法がありました。
多くの人生問題は、天風哲学を演繹する(=応用する)と、
かならず解決します。
多くの人生問題は、天風式瞑想か「ことばを使う自己暗示」
で、解決します。あるいは、その両方の場合も多いです。

人々の提示される人生問題をきいて
私はの精神は高揚し、真剣にとりくみました。
あとからたいへん疲れを感じた場合もあります。
しかし、その疲れは苦痛ではなく、快く癒されるものでした。
ありがとうございました。

私は難解な哲学書を読んで苦しんだ時期があります。
西田幾多郎、カント、がいちばん難解でした。
西洋の哲学者はほとんど読みました。
実際、そのような哲学書は、1ページ読むだけでも
胃がよじれて痛くなるような体験でした。

私は、学問的な世界の哲学の研究には、むなしさを覚えております。
用語が特殊な世界で、一般の人々には意味のわからないものです。
用語の意味が分かってしまうと、内容的にはあまり意味がありません。
いわゆるアカデミックな哲学は、むつかしい観念をつくりあげ、複雑な構成で
成り立っています。

天風哲学は、日常のふつうに使う語彙でなりたっております。
お釈迦さまは文盲でした。
イエス・キリストも本など読まない人でした。
イスラム教のムハマッドだけは、本をよむ学者的な人でした。
難解な哲学に人を救う力はありません。











少し大きい文字
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)