fc2ブログ

稲盛和夫さんと天風誦句



3月27日 (2014年)
このブログの古いものは、右の下の方にあるアーカイブをクリックすると
でてきます。
私のブログへの質問や感想は、私のイーメール、sawai@kyoto.zaq.ne.jp
にお寄せ下さい。

稲盛和夫さんは、周知の通り、経営破たんをしたJALの再建を成功させて、
世間から高い評価を受けられた実業家です。
稲盛さんは、JALの再建にあたって、社訓をしめされました。
それは、中村天風の誦句になかから選んでおられます。
つぎのようなものです。

  「新しき計画の成就は、不屈不撓の一心にあり。
   つねに心に、気高き理想と、高級なる想像とを、
   強烈に抱かしめよ。
   ひたむきにただ思え、気高く強く一筋に」

これは、緑色の誦句集の「自己陶冶」と題する誦句のなかにあります。

稲盛さんは、天風式瞑想と天風誦句の熱烈な実践者です。

2,3年まえに、私は稲盛さんと夕食をともにしたことがあります。
京セラの大きなビルの屋上で、天風会の幹部が数人あつまって、稲盛さんと
の懇親会でした。
偶然私は、稲盛さんのまん前の席に、すわることになってしまいました。

稲盛さんは、鹿児島県の出身で、背の高い巨漢です。
私は、稲盛さんのなかに西郷隆盛のおもかげを見て、恐縮しておりました。
じっさい、稲盛さんのなかには西郷隆盛の精神が息づいているのです。
稲盛さんの好きな坐右の銘といえば、西郷の揮毫で有名な
「敬天愛人」(=天を敬い、人を愛する)
です。

テーブルごしに、稲盛さんは、私ごとき軽輩に
「先生」とよびかけて、天風哲学について、率直な質問をされました。
まるで学生のような純真な探究心をもった方だと思いました。

稲盛さんの質問のなかに
「霊性ってなんですか?」
というのがありました。
私は当時、天風会講師でしたが、いささか緊張して、次のように答えました。
「霊性ってのは・・・・・
人間のほんとうの心です。
それは宇宙の果てまで届くような・・・広大無辺な心です・・・
それは、天風式の瞑想によって出てくるものです・・・」














少し大きい文字
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)