FC2ブログ

瞑想についての質問 2014.7.6




 天風塾を開いてから、1年2か月がすぎました。
 この間、来塾いただいた求道心あふれる方々、
また講義に私をまねいてくださった方々に、
深い感謝をささげます。
また、いろいろな面で声援をくださった方々にも、
あつく御礼もうしあげます。

 さて、この間、なんども私は、
天風式瞑想法(=安定打坐密法)をお教えしました。
 ふりかえると、私の心にのこった2つの
ご質問があります。
① 瞑想中の呼吸は、どのようにするのですか?
② 瞑想中にクルマの音などの騒音がきこえてくる
のですが、それでもいいのですか?

今日は①の質問に、あらためてお答えします。
正直なところ、はじめてこの質問をきいたとき
「なんという愚問!」とおもったのですが、
あとから考えると、これはもっともな質問であり、
良問といってもいいでしょう。なぜなら、
それは瞑想の核心をついているといえるからです。

瞑想中の呼吸はどうするのか?
答えは――「呼吸について考えない」です。
なぜなら、瞑想の極意は、
自分の身体的状態を忘れきる、
ということだからです。
心に「深い静けさ」を味わう、というのが
瞑想の核心ですね。
そのとき、心はなにも考えていません。
とうぜん自分の呼吸についても
忘れているのです。

ただし、瞑想の準備として
「調息」というものがあります。
「調息」とは呼吸を調えるということです。
天風先生は「深く、静かで、長―い息をしなさい」
と教えられました。
それはプラーナーヤーマ密法のことですね。
プラーナーヤーマ密法が「調息」になります。

しかし、ひとたび瞑想のために坐れば、
呼吸のことは、いっさい忘れるのです。
忘れる努力はいけません。ブザーや鈴の音に集中すると、
自然に忘れられます。

② の質問、騒音のことについては、次回に書きます。






少し大きい文字
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)