FC2ブログ

瞑想についての質問ーつづき 2014.7.7


瞑想についての質問② 2014.7.7

前回のつづきですが・・・
質問の②は
「瞑想中に、クルマの音がきこえてきます。これもいいのでしょうか?」
でした。
その答えは
「それでいいのです」(or 聞き流せばいいのです)

この質問をいただいたとき、正直なところ・・・
「この人、いったい何を考えているの?」
と思ったのですが・・・たしかにこんな疑問を持っている人が意外に多いということに、
だんだん気がつくようになりました。
それは瞑想についての、ひとつの大きな誤解です。
つまり、
「瞑想とは、目を瞑(つむ)って何も見ず、耳も何も聞かないものだ。
だって心を空にするんでしょう? 無我の境地ともいいますね」
という誤解です。

瞑想のとき、見る、聞くという感覚は
、むしろふつうの時いじょうに、はっきり(鋭敏)になっています。
しかし、見えているもの、聞こえてくる音について、
あれこれ思ったり考えたりしないのです。
感情と思考は消えています。

数年まえ・・・私のすぐ隣の空き地に新しい家の普請がはじまりました。
ものすごい音が連日つづきました。
私は毎朝瞑想をするのが習慣です。これはちょっと困ったな、と思いました。
瞑想の時間をかえるべきか、と思いました。
しかし、習慣の力は強いもので・・・私は朝に瞑想をせずにはおれないのです。

それで・・・とにかく新築工事の騒音の中で、
私は鈴の音に耳をすませて瞑想をはじめました。
正直、ときどき心は乱されました。
しかし、やっているうちに、それほど騒音が気にならなくなってきました。
私の隣家は立派な門構えの家なので、数か月は工事がつづいたと思います
。それでも毎日瞑想をすることができました。
そして、工事がすべて終了したとき、
私は自分の自尊心に大きな満足すらあたえられた、
とでも言うべきでしょうか?














少し大きい文字
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)