FC2ブログ

英語の本のこと 2014.7.30


英語の本のこと

先の日曜(7・27)「ざく天」の人たちとランチをともにしました。そのとき、私の英語の本の話をさせていただきました。
ありがとうございました。

そのとき、
「本だけでは、分からないところがある。瞑想は実地に勉強しないとね」
という発言がありました。
そのとおりです。だから、私は天風塾とつくって、実際に一緒に坐って、鈴の音やブザーを聞いて、説明します。
それで、たいていの人は、納得されるようです。

しかし、世の中には、私の瞑想にかんする本を読むだけで、完全に理解して、実践している方々がいます。
たいていは専門職の方で、読書力のすごい人がおおいです。

天風も「瞑想をマスターするには、理入と行入のどちらも必要です」と言われました。しかし、理入といっても、難しい理屈を知る必要はまったくないのです。
ただ、瞑想をなんのためにやるのか、という自覚がないと、実践がつづきません。

人それぞれですが・・・
瞑想は「我とはなんぞや」を自覚するためです。
瞑想は霊性の発現のためです。
瞑想は「イヤなことを忘れるのが上手になる」ためです。
瞑想はいわゆる悟りを開くためです。
etc.etc.

ところが・・・瞑想を毎日やっている人は少ない。
ざっと、私の知っている人だけですが、おもいだしてみて、全国で30人くらいかな?
これらの人に共通していることは、
*健康(病があってもまけていない)
*お金に不自由しない
ということです。

もっとも、私の知らない人で、天風式瞑想を実行している人は、
天風会の会員以外でも、何千という人がいるにちがいありません。
私の周辺にも数人の方がいます。
そのひとりは、私の恩師、安藤昭一先生でした。

安藤先生の話は、またの機会に書かせてもらいますので、よろしくお願いします。








>少し大きい文字
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)