fc2ブログ

緑の天風誦句・現代訳


2014.10. 22

天風先生が書きのこした「誦句集」は2冊あります。
どちらも東京の天風会本部から1000円で販売されている。
黒い表紙と、緑の表紙の2冊です。
黒い表紙のほうが、易しく分かりやすく、夏の修練会での講話の時に解説されたものです。
緑の誦句集は、修練会を体験したあと、さらに深く天風哲学を会得しようとする人々のために、編まれたものです。

緑の誦句集は、内容的にも表現的にもむつかしい。
ひとつには、文語調の旧い文体で書かれているからです。
そこで、私は現代訳をブログにときどき紹介します。
表現がちがっても内容が同じであれば、暗示の誦句としてまったく同じ効果があります。

誦句集は、いずれも天風の教えが書かれたものではありません。
天風先生ご自身が、自分を鼓舞し激励するために、自己暗示のことばとして書きとめられたものです。
ただし、緑の誦句集は、天風の人生観、世界観、宇宙観が色濃くでています。

緑の誦句集の現代訳

(中村天風著『真理行修誦句集―瞑想行修用』天風会出版)

1.真の自己
真の自己とは
水火におかされることのない、
不朽不滅の
絶対的な実在(=霊魂)である。

人がこの信念をしっかりとつかんで
安心立命の境涯に生きるならば、
肉体的な苦しみも
人の世に生きる悩みも
夢か幻のように消え失せて、
無限にして最上の
歓喜の世界に生きることができる。
   
(1.「自我本質の自覚」 から)






少し大きい文字
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)