fc2ブログ

天風誦句 現代訳(2) 2014. 10. 29



2.心身の完成
人の本体は、心でも身体(からだ)でもなく、霊魂である。
心も身体(からだ)も、
人の命である霊魂が、
この世に生きていくための道具である。
だから、心と身体(からだ)のもつ性能を
たかめる必要がある。

名工名匠といえども、立派な道具がなければ、
すぐれた作品をつくることができない。
同様に、ほんとうに安定した人生に生きるには、
この命の道具である心と身体(からだ)を、
より良い状態にすべきである。

こうしてはじめて、
ほんとうの人生幸福をつかむことができる。
このことをはっきりと悟ろう。
そして、心と身体(からだ)をきたえる努力を惜しむまい。

:::::::::::

このような暗示の言葉を唱えると、瞑想や体操をやる気がでてきます。
私は毎朝この誦句をとなえて、瞑想と体操・呼吸法を実行しています。

やさしい現代訳でも、誦句のもつ暗示の力は十分あります。
若いひとたちは、こういう現代訳で暗示をかけるのがいいでしょう。
分かりやすい方が、効果があります。

私のような年配の者は、緑の誦句集でも、すこしもむつかしくありません。
年配の方は原文のままで唱えてください。

私の現代訳は、原文よりすこし短いです。
短い方が、暗唱しやすです。

暗唱と聞いただけで、ウヘェと思う人がいるようです。
暗唱しなくてもいいです。
1年、毎日くりかえし唱えていると、たいてい覚えてしまうものです。
だって、好きな流行歌など歌っていると、すぐに覚えるような記憶力を、みなさんおもちなんですから。

心も身体も、人の本体である霊魂の道具にすぎない、という考え方は、ヨーガ哲学の基本です。
しかし、仏教やキリスト教やイスラムにも、
「霊魂が人間の実相であって、心も身体も仮のものにすぎない」
という考えがあります。しかし、その心や身体をきたえる、という考えが希薄です。
それに対し、ヨーガ哲学では、仮のものであっても、仮の世界に生きるいじょうは、
最大限に心も身体も鍛えるべきだ、と考えているのです。

天風哲学では、心をみがく実践の方法は、瞑想と誦句などです。
そして、身体をきたえる方法は、呼吸法、体操などです。
心を研く方法には、ほかに官能の啓発(五感をみがくこと)があります。
とくに「見る力」「聞く力」を向上させることです。






少し大きい文字
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)