FC2ブログ

緑の天風誦句・現代訳



自己の霊と宇宙霊               2015.1.22

真の自己の生命とは、純粋で清らかな
霊という気体である。

しかも、自己の「霊という気体」は、
宇宙霊の直接の分派である。
宇宙霊は、宇宙を創造する絶対的な力である。
その宇宙霊の分派である
人間の生命はまた、絶対的なものである。

その絶対的な力をもつ人間の生命に、
どうして、悲しみ、苦しみ、恐れ、
といった忌まわしいものが、
みだりに襲いかかってくるはずがない。

なぜなら、そのような消極的な感情は、
いずれも人の心の中に生じる
相対的な、仮の現象にすぎないからだ。

(緑の誦句集「自己本来内省の悟り」の前半部)

ナポレオン・ヒルの『思考は現実化する』を読みました。
信念の重要性を、みごとに表現しています。
しかし、信念をもつための具体的な方法については、おおいに問題があります。
ナポレオン・ヒルは、「あなたが実現したい、とおもっている願望を、紙に書き出し、毎日それを声にだして読みなさい」と言っていますが、このような実践には、大きな疑問があります。
たとえば「部長になりたい」「課長になりたい」というような願望を書く、と仮定しますと・・・それはきわめて利己的な卑しい願望であって、たとえそれが実現したとしても、私は感心しません。
他の人を押しのけて、自己本位にそのポストに邁進するということになる可能性が高い。そうではなく、課長や部長になるに相応しい、自己向上を願望にすえなければなりません。さらに言えば、高いポストになるのに、ふさわしい人格や能力を研くのが先決です。
そのためには天風哲学が教えるような自己向上のための実践(たとえば、潜在意識の改善、瞑想、自己暗示、官能の啓発・・・)を、願望として求めるべきではないでしょうか。

ナポレオン・ヒルのような思想は、読む人によっては、社会に害毒をもたらす。私は、この本を読んで、とても嘆かわしいきもちになりました。

私にとっての願望とは、上の天風誦句にかかれているような人間になることです。それ以外の願望も、もちろんあります。でも、いちばん上に、積極的な頼もしい人間になって、人の世のために役立つことを、私は自分の願望としたい。

誤解のないように、重ねて申しますが・・・
課長になる、部長になる、という願望が、悪いとはおもいません。だれでもそういう現世の欲望をもって生きるものです。ただ、そのために正しい自己向上を念願してほしい。
これが私の切なる念願です。








少し大きい文字
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)