fc2ブログ

天風と王陽明(2) 2015.2.24



天風と王陽明(2)

天風の講話のなかの引用部分が、かならずしも正確ではない、とまえに申しましたが・・・
それが、天風の講話の趣旨をゆがめることはありませんでした。
講話のキーポイントは、つねにはずさなかった、と思います。
読書をしても、めったにメモをとらない天風の記憶力は、おどろくべきものです。

王陽明の思想は、天風の生きた明治・昭和の時代には、常識的なものでした。
したがって、天風哲学の根底には、王陽明がながれています。
それは、なかば無意識的なものだったでしょう。

王陽明は、倒幕の思想に活力をあたえた。
王陽明は、幕末の志士にとって、いわばインスピレーションだった。
王陽明は、士大夫、町民、庶民、を差別しませんでした。
それは身分制度を否定する、当時としては、革命的な考えです。
ですから、その一種の革新的な平等主義は、徳川の幕藩体制をゆるがしたのです。

明治維新の精神のなかに、王陽明がいた!といえるのではないでしょうか。
そして、明治の時代を築いた人々は、陽明の考えをひきついだ、と思います。
初代の首相、伊藤博文は、師吉田松陰のことをのちに熱情をこめて人々に語りました。高杉晋作の思い出話もよくしたようです。
吉田松陰も高杉晋作も王陽明にまなんだひとたちです。
この二人は、若くして愛国の精神に殉じたのですから、その精神は、死後たかく顕彰され、評価されたのです。日本人はいつも、なにかに殉じて命をすてた人を尊ぶ伝統をもっています。

吉田松陰も高杉晋作も、王陽明の「知行合一」の教えをまっすぐに実行しました。そして、激しい行動へ邁進し、死んだのです
西郷隆盛もそうです。彼らの熱烈な精神は死ぬことによって、明治・大正をつうじて、生き続けたのです。
さらには、昭和に入って、たとえば2・26事件の若い将校たちは、
昭和の吉田松陰たらんとして、死をも恐れなかった。そして死んでいった

天風にも陽明の思想は生きていた。
天風にとって、陽明の「知行合一」の考えは、強いものでした。
それは実践、行動の精神です。

もともと天風は、血の気のおおい行動家でした。
ですから、天風は哲学者を任じていましたが、書斎にとじこもって思索するというより、実践家practitionerという面がつよかった。
しかし、物を考えねばならぬ時はまた、徹底した追究者でもありました。

天風は坐禅を真剣におこない、誦句をとなえ、官能の啓発に精進したひとです。
天風のすみきった心と、強い信念と、強烈な集中力が、心身統一法という実践哲学のみごとな体系を創造した、と私は思います。






少し大きい文字
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)