fc2ブログ

私の病気体験 (2)ー3


私の病気体験(2)-3  2015.3.27

私の腰痛は特異なものでした。
医学では原因も治療法もみつかりませんでした。
それが私を、再び天風哲学の勉強へと鞭打ってくれたのです。
だから、私の腰痛は、天が私にあたえられた試練だと思っています。
「天の配剤」みたいなものだった、と私は内心思っております。

京都府立医大にはなんどか行きました。
さいごに行ったとき、医者は私の検診結果をみて、
「わからない、わからない」
と正直に言われました。
それが私にひとつの覚悟をあたえました。

私は天風先生の著作と講演録を全部読みなおしました。
そして自分が、いかに浅薄に、いままで天風哲学を理解していたか、を思いしらされました。
先生の著作は7冊、講演の記録は6冊あります。
私はそれら13冊を10回以上は読んだでしょう。
今では、どこになにが書いているか、ほぼまちがいなく言うことができます。

しだいに、私は自分の腰痛など、たいした問題じゃない、と思うようになりました。
また、自分の健康など人生の重要な問題ではない、と感じるようになりました。
天風哲学においては、ほんとうのところは、健康や成功など問題ではないのです。

天風哲学において、なにがいちばん大切なのか?
それは、正しい人間としての「生き方」です。
正しい生き方を追求する人は、かならずや結果として健康にめぐまれ、その人なりの成功を味わうことができます。
人として正しい生き方とはなんでしょう?
それは、ポジティブに生きること、人の世のために
生きること、私利私欲に生きないこと。etc
です。

そのために、瞑想があります。
自己暗示の誦句をとなえること。
官能の啓発を日々実践すること。
この3つが天風哲学の奥義です。

とくに瞑想はいちばん大切です。
人は瞑想するようにできているからです。
瞑想は、人になにをなすべきかを教えてくれる「道しるべ」です。

人間は本質的に、虚心平気でいきることによって、全き人生に生きられる。
瞑想をしないと、人生に迷う。
そして、瞑想は人を宇宙霊と一体にする。そして、宇宙霊の力をくみとることができる。
人のもつ「力」というものは、心の奥底にあります。
食べ物よりもっと大きな力が、人間の「潜在意識」の奥底にあるのです。それは無限の潜在力です。
宗教的にいえば、すべての人は、心の奥底で「神」と通じている。







少し大きい文字
スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)