fc2ブログ

日本の防衛 2015.6.26


日本の防衛について

先日小学校の同窓会があり、80歳を前後する男女が10名ばかり集まり、ビールのジョッキをかたむけながら、夜中過ぎまでおしゃべりをした。
そのうちの一人は30年近くイタリアで商事会社の仕事をしていた男で、帰国して取締役になっている。
彼の話はなかなか示唆にとむもので、現下問題となっている集団安保体制や沖縄の基地問題をいっきょに解決してしまうという、提案であった。それはイタリアから遠く祖国日本をながめてえた発想ではあるが・・・

以下、彼の話を概略まとめた。

集団安保体制の問題は、いま国会で議論されているが、「違憲」であるという憲法学者の圧倒的多数のまえで、議会をむりに通過させるというのは問題である。だが、日本をとりまく軍事的現状をかんがえると、同盟国アメリカと協力する以上、アメリカの要請があれば、海外に自衛隊を派遣せざるをえなくなっている。だから、今日の日本は解決できないほどの、大きな矛盾に直面してしまった。
また、沖縄の基地問題も同じことである。日本の防衛のためには沖縄に基地をもたざるをえない。しかし、沖縄の人々の反対する気持ちになって考えれば、辺野古への基地移設などは許されないことである。
イタリアにもアメリカ軍の基地はあるが、それは完全にイタリアの法制度のもとに管理されており、アメリカの意向などイタリアはきくことはない。日本はアメリカの意向をくんですべて強行している。沖縄の基地問題にいったい解決策があるのか。
しかし、この現況を打開するには、ひとつだけ解決策がある。それは多くの日本人が、先行する前提条件と、考えている日米安保を、解消することである。つまり、日米安保の体制を、徐々にでも解消すること。アメリカの核の傘の下にはいっていることで、安全と安心がえられるという妄想をまず捨てるということ。
世界には核を持っていない国はたくさんあるが、核の攻撃にさらされているわではない。
核の抑止力というものはたしかにあるが、核兵器を他国に使用した場合、ただではすまないから、核はじっさい使用できない。
日本はアメリカの傘から出ても大丈夫。

アメリカに国の防衛をおんぶしてもらっているから、アメリカのいいなりにならざるをえない現状を、打破すべきである。自衛隊は国土防衛に専守すべきである。沖縄のアメリカ基地を少しずつ減らして、自衛隊の基地を全国の都道府県がひきうけるのがいい。
だいいち、日本人はなぜ自国をまもる気概をすてたのか?
自国を守る勇気をもちさえすれば、すべての問題は解決する。海外に自衛隊を送ることは憲法9条に違反するばかりか、莫大な軍事費を必要とする。
イタリアは日本のような憲法をもたないが、自国を防衛する軍備はそなえている。しかし、海外に出ていくことはまずない。NATOの要請にはあるていど応えているが。
かって日本の経済力のよわかった時代には、日米安保が必要だった。しかし、日本が第2の経済国になったころから、軍事的にも独立の道を模索するべきだったのだ。それをいまだにアメリカにだっこ、おんぶしてもらっている日本の姿は、イタリアでは軽蔑の対象になっている。
アメリカとの同盟は続けた方がいい。しかしいまだにアメリカの基地をおいて守ってもらっているという、日本政府(および日本国民)の態度には賛成できない。個人的には、ヨーロッパの人々と話をするときは、赤面するくらい祖国日本が恥ずかしい。



少し大きい文字
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)